重曹水を購入するなら!ヴィシーセレスタン

重曹水を飲んだらどんな効果あるの?

 

みなさんはお家に重曹を常備していますでしょうか?重曹というと料理に使うだけでなく掃除や消臭などにも使える、置いておくと何かと役にたつスーパーサブ的な存在です。そんな重曹を溶かした重曹水の健康効果が最近では取りざたされており、重曹がより欠かせない存在になりそうです。

 

重曹はアルカリ性を示すため、重曹水を飲むことで体の中を本来あるべきアルカリ性へと戻してくれる効果があり、それがさまざまな健康効果を生みます。

 

デトックス効果が高い!

 

代表的な効果としてはデトックス効果で、腸内の老廃物を排出してくれるため腸内環境の改善や便秘解消効果があるほか、腸にこびりついたゴミが一掃できるためダイエット効果もあります。特に飲み始めの頃はその効果が実感できるでしょう。

 

尿酸排出、痛風予防に!

 

また体液がアルカリ性になることで、もしそれまで酸性に傾いていたとすれば、いくつかの体のトラブルや健康リスクが解消されます。特に尿酸の排出を促すことで痛風の予防・改善には大きく役立ち、結石などにも効果があるでしょう。これもデトックス効果に通じるものです。いわば、体が正常な状態に戻るような総合的な効果が得られるため、生活習慣が乱れている人ほど驚くような効果が得られるはずです。

 

口臭、虫歯予防に!

 

単に重曹水を飲むだけなのですから非常に手軽ですし、飲んだ直後は重曹の効果で口臭予防や虫歯予防効果まで得られます。そんな重曹を活用しない手はありません。せっかくの安価な重曹ですから、常備し健康に役立てましょう。

 

1日1500mg重炭酸塩含有!大塚製薬の重曹水が登場

 

重曹の1日の目安摂取量と副作用は?

 

重曹の健康効果の主なものは体内のpH正常化によるものですので、pHを傾けるにはある程度の摂取量が要ります。したがって1日の目安摂取量を意識しながら重曹水として取り入れるべきでしょう。

 

一方で重曹は実は体内の代謝の過程で塩分へと変化します。ですのであまり多く摂取すると塩分過剰による副作用が出ることがあります。またデトックス効果が強く出すぎて下痢などを引き起こすこともあるため、やはり目安摂取量から大きく外れないように摂取量を調節するべきです。

 

健康効果を得るための重曹の1日目安量はおおよそ1g〜5g程度とされています。重曹1gでおよそ塩分0.27g相当、重曹5gで塩分1.37g相当となります。

 

こう見ると、やはり5g以上の重曹摂取は塩分の面だけ見ても好ましくなさそうですね。逆に1g程度ならば、若干濃いめでも気にならないなら重曹水1杯から摂取できる量です。重曹の摂取目安量を満たすことは決して難しくありませんが、逆に過剰摂取には気をつけた方がいいでしょう。

 

また当然ながら、重曹を食事で使っているという方は、その分の重曹の量も合算して考えなければなりません。どう使うにせよ重曹が体の中に入れば塩分に単離されるため、トータルでの重曹摂取量がオーバーすれば塩分過剰を招きます。また塩分を特に制限する必要のある方は、5g上限と考えずに塩分換算量を見ながら総塩分量を適正範囲にとどめてください。

 

重曹水を飲むタイミングはいつが良い?

 

重曹水は体質改善効果を期待して飲むものですので、食後に飲まなければならないなどの決まりはありません。ただしいくつかの効果を特別に期待するならば、飲むタイミングを考えた方がより高い効果を得られるというようなことはあります。

 

まず、デトックス効果・便秘改善効果を期待するならば、夜寝る前がおすすめです。寝る直前である必要はないため、夕食後に飲むといいでしょう。寝ている最中に重曹水が腸内を綺麗に掃除してくれますし、朝のお通じを招く手伝いにもなります。寝る前に固形物を食べると胃腸に負担をかけますが、重曹水ならばそのようなことはありません。

 

また、重曹水はお腹が膨らんで満腹感を得られるため、ダイエットのお供に使う場合は食前がいいでしょう。重曹水を飲んで満腹感が得られるのはお腹の中で気体が発生するためなので、食事の直前に飲んでもあまり効果は期待できません。食前2〜30分に飲んでおくのがいいでしょう。

 

他に、胃腸が弱く朝食後に胸焼けする・朝しっかり起きられず起床後にお腹が減らないなどの方は起き抜けに飲む、飲み会の翌日の二日酔いを予防したいという場合はお酒を飲んだ後に飲むなど、期待する効果に合わせて飲む時間を調節するといいでしょう。基本的に重曹水を飲むタイミングについて守らなければならないルールなどはありませんので、安価なこともありますしあまり深く考えずに気軽に飲んでいきましょう。

 

大塚製薬の重曹水!お試し500ml10本セットはこちら

 

飲む重曹水の作り方

 

重曹水を飲む健康対策は非常に手軽ですが、実際に試してみると重曹水を飲むのが辛いと感じる方もいるようです。重曹は炭酸水素ナトリウムであり、結合しているナトリウムが塩気を生むため、濃度によっては海水のように塩辛いと感じるかもしれません。またなんとなく苦いと思う方も多いようです。したがって飲みにくいと感じたら濃度や混ぜ物などで工夫した方がいいでしょう。

 

まず濃度について、重曹水コップ1杯分につき重曹は0.5〜1g程度にするのが一般的です。これはかなり少なめの量であることに気をつけてください。小さじ一杯で約5gですので、小さじよりもずっと少ない量が適当だということです。

 

どの程度の量なのかをわからずに小さじ1杯の重曹を入れてしまう方もいますが、当然味は飲みにくくなりますし摂取量も過剰になってしまいます。できれば1gの軽量ができるスプーンなどを用意するべきです。

 

また、適切な量を溶かしているのに味がきつい、という方はレモンなどを加えてマスキングする方法があります。レモンは生のレモンを使う必要はなく、市販のレモン汁を準備しておけばとても手軽です。

 

重曹と一緒にレモン汁を適量混ぜておけば、すっきりした酸味で重曹の嫌な味はマスキングされてしまうでしょう。このとき砂糖なども混ぜて味を調える方は多いようですが、ダイエット目的で飲んでいる方はダイエット効果が大きく落ちてしまうので注意してください。

 

もっと手軽に飲む!大塚製薬の重曹水はこちら